<< NEWS CONCERT TOUR pacific 2007-2008 main ほら水、木回って金、土、日曜 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



2009.05.25 Monday - -
NEWS CONCERT TOUR pacific 2007-2008
横浜全公演終了!ってことで、関わったみなさま4日間お疲れさまでしたー。
結局5日以外の公演全部に足を運んだわけですが、やっぱりさすが横浜!
連絡を取らなくてもうっかり会ってしまういつもの方々に加え、
色々な人にお会いできて楽しかったです。いつでも何かと具合がおかしくて
ごーめんね!いやーコンサート会場って不思議だね!


そんなわけで横浜最終日。
終わった後の自分らの様子のおかしさと言ったらなかったよね。
いやでもあれは致し方ない。あれはまぼろし?というセリフが
あんなにナチュラルに出たのはオタク人生始まって以来です。
だってだって本物のてんしちゃんが飛び回ってたんだもん!!!
もうこれで何が起きても怖くありません。私たちは強くなったのです。

っていうテンションで以下感想いっきまーす!うっへへ!


NEWS CONCERT TOUR pacific 2007-2008
横浜アリーナ

1月6日 両部




4日1部途中〜5日はお休みだった幸太朗くんが、今日は1部から復活!
何はともあれ、本人のプロ意識が本当にすごいと思いました。
心なしか、いつもよりも幸太朗くんのほうをチラチラ見ることが
多かったように思うゆっくん。2部のテンションはすごかった!



weeeek


BEACH ANGEL


裸足のシンデレラボーイ
こここ幸太朗くんがいるううううう!という記憶しかありません…!
途中の一列ダンスもやっぱり幸太朗くんがゆっくんの後ろにいてくれるのが
いちばんだよね!増田くんパートの「叶わない〜」のところの
「あーるかなー」のみ口ずさむゆっくんでした。


希望〜Yell〜
パーカを羽織ながら登場。この曲は結構歌ってたんだね!
「かーみなっぷ!かーみなっぷ!」の踊りがジュニアっぽくて好きです。


挨拶


ダンス


ゴメンネ ジュリエット
正面から見るのがいいなーって思ってたけど、上手から見るのもまたよし。
ってなわけで、どこから見ても楽しめるゴメジュリは偉大!
衣装の青い腰巻きはやっぱり股間中央に垂れてしまっているゆっくんですが、
見ると幸太朗くんも同じ位置に腰巻きがきていました。
ほーらすぐそうやって二人のネタを作ろうとするんだから…!
1部も2部もリズム打ちはしていなかったです。
途中花道で座り込むあたりでやけに後ろをチラチラ確認。
今日はおなかがへっこんでいたのでそうかおなかがすいていたんだね!


愛のマタドール
片足でステップ踏みながら真ん中に集まるときの動きってよくよく見ると
なかなかおもしろいです。手拍子はみんなわりとバラバラなのね。


NEWS対決(SHOCK ME・Devil or Angel)
1部、ストールの巻かれ具合がよろしくなくて必死に直そうとがんばっていた。
外周からセンステに向かってM.A.D.が並ぶとこで川村くんは外周に
はみ出ていて、そこで手を大きく振りかざして一人で煽っていました。
あああああ男前!
そして、2部の勢いがものすごかった。顔もすっごく怖かったし。
いやほんっとに気合いが入っていました。なんか嬉しくなるよね!
反対のAブロ側を睨むゆっくんの顔がほんっとに怖くって目から何か
光線が出てもおかしくないんじゃないかと思うの。
センステに向かう途中でターンも入れたりして、とにかくあがってました。
腰もガッツガツに入れてたし、でびおあえんじぇー!で座り込んでからも
暗闇の中で頭振ってたりして本当にかっこよかったのです!!!


チラリズム


Private Hearts
幸太朗くんがいないときはにやりともしないゆっくんでしたが、
今日は足をとんとんってやるところでお決まりのようにニヤニヤしてました。
楽しそうなゆっくんー!!!本当に申し訳ないが、
そんな姿を見たとたん正直目から汁が垂れ流れたよ…!
ところでこの曲は最初はゆっくんと誰かの二人しか出てこなくて
だんだん人が増えてくっていう設定だったんだね。今更気付くとか…


なんとかなるさ
歌詞がさらに涙腺を刺激してきたのですが、
増田くんがあまりにかわいいので全力で気持ちの悪い萌え方をしてしまいました。
隣のまきちゃんに「うわびっくりした!」と驚かれました。
萌えて人を驚かすことができるなんて知らなかったなー!


増田くんが舞って狙われてシゲがM.A.D.と戦うやつ
ゆきゆきのお手伝い!
1部では「ゆきひろ!」2部では「たけうち!」と呼ばれています。
サングラス取る瞬間の顔がちょっと笑える。
花道へ移動する前にゆっくんが川村くんをハンドパワーで起こすみたいに
なってるところがありました。なんておもしろい光景なの!操られる川村くん!
サングラスと棒をとても丁寧にハケ口のところにゆっくりとしまっていた。
シゲ?を持ち上げるとこはチラッと幸太朗くんのほうを確認してから、
「よっ!」とかなんとか言いながらせーので持ち上げていたよ。
そして中央にひれ伏すときに隣のこたくんを思いっきりバシ!ってどついて
その後しばらくニヤニヤニヤニヤしてました。いたずらっこだなほんと!


星をめざして
人差し指を上に向けたあとの「ぱ!」っていう増田くんが天才。


Fiesta
両手の指を立ててリズムをとりつつ登場。
あれーここっていつも靴履き替えてたっけ?
真っ白の靴を履きなおしながら歩いていました。


NANDE×2 DAME
「なんでなんでー」だけは言いたいゆっくん。
バクステで延々ステップ踏んでたのはこの曲だっけ?
ロボットダンスみたいこともしていて、近くにいた幸太朗くんが
若干つられてロボットっぽくなっていた。こ、これだからゆきゆきは…!


MC


愛なんて


君思フ夜
外周からメインステへ向かうゆっくんはなかなかの早歩きです。競歩!
やや前傾姿勢だし、あれはなに?天然かな?
幸太朗くんも見ました。お顔の白い幸太朗くんです。


メンバー紹介


サヤエンドウ
2部、ついにバンダナをアレンジして変えてくるときがきた!
頭にはかぶらずに川村くんみたいにストール風にして出てきました。
ちなみに1部は目深にかぶらず両目がくりくり見えるくらいでかぶってました。
いつもは旗をさすところなのに、何故か外周のステージの上に
旗を置いていたように見えた。再度持ち上げたらちょっと絡まっちゃってました。



NEWSニッポン
旗を持ったままメインステへ全力ダッシュするM.A.D.がほほえましい。
ラップ前は相変わらずよくわからない動きです。
メインステへ歩きながらTJに話しかけてたのはここでしたかね…
今回のツアーは私語が多いゆっくんです!かわいいね!


永遠色の恋
2004年に少クラで放送されたときの抜かれ方とまったく一緒でかわいい。


真冬のナガレボシ


SNOW EXPRESS
メインステに移動後、最初からセンターのほうを向いて踊るようになってた。
場所も若干変わった?NEWSのすぐ後ろにつくようになったのかな。
山下くんのラップですが、幸太朗くんが歌っている気になっていました。


Question?の歌
なんだかだんだん待機しているポーズが変わってきているような…
あれって何、まさか自分らで振り考えてるわけじゃないよね?フリー?
今まで正面向いて顔伏せてた気がする…んだけど、
今日は両部とも後ろを向いて待機していました。
1部は、座るのを忘れたのか2006年の錦戸ソロコンのTEPPENのように
そーーーっと座ってそのまま自然に後ろを向いていた。
で、すぐ上の幸太朗くんとTJと誰か?のダンスを見ていたのか
「○×△※…〜よぉ」と何やら話しかけ、自分が踊る時になった瞬間には
真顔になって正面を向いて普通に踊り始めるのです。器用!
2部でも後ろを向いてたんですが、やっぱり上の3人を見ていて
笑いながら振り返っていたのでなんていうかバレバレだったよね。
ただ、ゆっくんがあれだけニヤニヤしているのに
幸太朗くんは真正面を見据えて一心不乱に踊っていました。
最後のちゃっちゃっちゃん!がとてもかっこよく決まります。


code
ガッキーが飛び立つ瞬間は譲れません。


紅く燃ゆる太陽
メインステにてしばらく煽り、サビもひと通り踊ってから外周へ。
ちゃんと小山の煽りにも「にゅーす!」って言ってたよ。


Change the World
曲が始まる直前にそれはもうご親切に江田くんの衣装直しをしてあげていて
お互いに「あ、どーもどーも」とお辞儀をしたのちに、
全力で踊り始めていました。両部とも敢えて脱ぎ捨てなかったっぽい。
外周のこやますとのハイタッチは欠かせないです。
やっぱり曲が好きなんだろうねぇだってめちゃめちゃ熱唱してるもん。


Stand Up
ちびっこがたくさんいるとその横をうまーくすり抜けて疾走します。


チェリッシュ
ちょっぴり出遅れたのか、さささーっとちびっこの間を縫って立ち位置へ。
幸太朗くんのチェリッシュは麗しすぎて自分は一体何を見ているんだろうと
ふと思ってしまったくらいです…あんなに美に忠実にチェリッシュを踊るなんて!


EC.1

TEPPEN
両手人差し指を舞い上がらせながらステ中央より出てきます。
増田くんの投げた色紙がどうやらうまく飛ばなかったみたいで、
それに対してM.A.D.たち(ゆきゆきと誰かと誰か?)がわらわら
増田くんの周りに集まって「ええ?」「どうしたの?」みたいなコント。
ゆっくんは頭を横に振りながら「いやいやいやないないありえない」的な
意思表示をしていました。ああーかわいいかわいいあの子らかわいい!
1部は、増田くんが幸太朗くんの肩を引き寄せ、
自分のパートを歌わせてあげてたみたいです。すばらしい…!


weeeek
外周の4分の3ほどをずーっと幸太朗くんの後ろを追って歩いていくゆっくん。
幸太朗くんが立ち止まってファンサービスをしていると、
その後ろで止まってゆっくんもファンサービスのお時間を設けます。
幸太朗くんとは途中で別れ、そのまま噴水のあたりへ移動。
ゆっくりゆっくり噴水の周りを歩き、ぴた!っと立ち止まって
じいいーーーっと噴水を凝視。そして噴水がぴしゅー!と出てくると
それが嬉しかったのか「うっひょ!」という顔でニヤリと笑い、
大満足でメインステへ帰っていくのでした。お水に喜ぶ5歳児かな…
はたまた誰かが噴水近くで何かやってたのかな?
2部では、曲の終わりのほうになってやっぱりセンステへ向かいます。
どうしても噴水が近くで見たいの?
噴水の中には錦戸が立っており、その周りから噴水が吹き出ると
またしても「うっひひ!」という顔でニヤリと笑い、
メインステへ戻っていくのでした…なんなんだろう…

この後のお話は1部と2部分けて書きますね!だってここ相当重要!
アンダーライン必須!真剣だよ!!!

■1部
メインステの壇上におりこうにお隣で座るゆっくんと幸太朗くん。
そして至近距離で二人で向き合い、おなじみのばいばーい!をしていたそうです。
ああ…私の馬鹿…その時私ったら逆サイドの増田くんと江田くんの絡みを
うっかり見てしまっていたんだよ…何もその隙にそんな楽園を繰り広げなくても…
だってゆっくんだっていっつもこっちにいるじゃんよ…うっうっうううっううう
最後のご挨拶では、「じゃーね」と言って手を高々とあげてハケていきました。

■2部
さささ、ここからは注意!歴史上最大の楽園(と書いてパラダイス)が
惜しげもなく放出されたっていうお話が始まっちゃうんだから!!!
ええと、メインステに戻ってきたゆっくんですがそうそれはあまりに自然に
幸太朗くんに近づいて話しかけます。幸太朗くんもそれに気付き、
ゆっくんのほっぺに自分のほっぺをくっつけるかのように近づいて
お話を聞きます。そしてお互いの意志確認か何かのために
二人で顔面と顔面を向かい合わせ、なにやらお話がまとまった様子。
もうねもうねゆっくんの高いお鼻が幸太朗くんの顔面の中心に
突き刺さるかと思った!そんなに近づかなくても!
何やるのかなー?とワクワクしながら見ていたら、なんと二人きりで
メインステ後方の最上階まで本気でるんたったしながらのぼり上がり、
こともあろうにそのてっぺんで肩を組んでぴょんこぴょんこ飛び跳ねていました。
もう一度言おうか!
ゆきゆきが肩を組んでぴょんこぴょんこ飛び跳ねていました!!!!!
私が太字を使うなんてめずらしい!もうそのくらいの心意気です!
ヒヒイイイイイイイギャアアアアアアアアア←ちなみに自分らの心の声
途中でゆっくんが幸太朗くんを追い抜かして跳ねながら進むんだけど、
時々後ろを振り返ったりとかしてなんだよ気になるなら追い抜かすなよ!(笑)
そのまま反対側の階段をおり、下でもちゃんと幸太朗くんを待つゆっくん。
そして二人で両手を高々と挙げ、大満足でメインステを歩いていきました。
そりゃもうにっこにこ!終始ものすごい満面の笑顔が振り撒かれていました。
なにかな…まさかここにきて真のパラダイスを見るとは思わなかった…!
あの二人の周りだけ何かきらめいたものが撒き散らされていたよ。
あっそうか、あのきらめきは 幸 せ と言う名のスターダストなんだね!!!
すごいすごい!ゆきゆきって天使!奇跡!!!!!
あまりにかわいい光景なのでまたしても視界がぼやけましたが、
これを見逃したら私はオタク界を去る(決死の意と同等)ということに
なりかねないので、全身全霊を眼球と右手人差し指に込めました!
しんどい…ゆきゆきが天才すぎてしんどい…
この一連の流れはゆっくんなりの喜びの表れなのかも!
「見て!幸太朗ががんばってるよ!」「オレも嬉しいよ!」っていう気持ちから
自然とあの行動になったのかも!っていう仮説が頭の中を駆け巡り、
もうどうしようもない模様になりそうだったのでその仮説(と言う妄想)は
心の中にそっとしまっておくことにしました。懸命でしょ!でっへへ!

テンションが上がりたい放題上がったゆっくんはそのままメインステ中央へ
行き、何故かUSA的なちびっこジュニアの肩をがっしりと抱いて話しかけます。
そのジュニアは少し引き気味にぺこぺこし、ますます笑顔になったゆっくんは
なにやらひと言言い捨てて下手側へ歩いていきました。何の用だったんだろ…
その後メインステ下手では増田くんがこたくんの衣装をまくりあげて
カオナシのような姿にさせており、そこへ当たり前かのように参加するゆっくん。
ニヤニヤ笑いながらこたくんに手を出していじっていました。
M.A.D.の名が呼ばれ、こたくんはかわいそうにそのままの姿で出て行くことに。
ゆっくんはというと、そんな姿に爆笑しながら中央へ移動するのでした。
片手を挙げてご挨拶。ちゃんとお口もぱくぱくさせてました。
こやますとハイタッチしてハケ。


結局のところ、ゆっくんが楽しそうに踊って笑っているところが見れるのが
こんなにも幸せの頂点なんだということを再確認してきたよ!
そしてゆきゆきにはもう気持ちは完敗です。今後ともあの子らには
敗北し続けていきたい所存なのでなんでもいいんだけどね!
今日のこの日は伝説が生まれた記念日として末永く語り継がれていくと思う!
ほんっと楽しかった!もうビックリマークの量が尋常じゃないね!
2008.01.06 Sunday CONCERT(Y) comments(0)
スポンサーサイト


2009.05.25 Monday - -
comment
send



Graphic by チョコチョコはうす Design by a dear friend
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.


ちーちゃんは悠久の向こう